着物勉強会「きもの塾」(単発講座|奥沢)




着物勉強会「きもの塾」とは、毎月1テーマきものに関する内容を分かりやすく掘り下げて学ぶ勉強会です。開催1回ごとの自由エントリー制で、興味のあるテーマへ自由にご参加いただけます。

講師は高級呉服卸業に約40年携わってきた中川先生。
机上論ではなく、生のリアルな情報と経験をベースにした解説には定評があります。

「染織技法」「コーディネート」「お手入れ」など扱うテーマも幅広いほか、本物で良質の着尺や帯地、生地見本を教材に、見て・触って・じっくり観察できる点も好評で、着物愛好家からこれからデビューの方まで、年代もスタイルも幅広い方からご参加頂いています。

講義終了後には、お茶・お菓子を頂きながら楽しいおしゃべりの時間もあり、和気あいあいと開催しています。参加メンバー随時募集中です!ぜひお気軽にご参加ください。


着物勉強会「きもの塾」の概要



■10月の勉強テーマと開催日

『八寸名古屋帯・九寸名古屋帯・洒落袋帯』
~自分の個性を表現できる洒落帯ならではの楽しみ方を学ぼう~


洒落着の一番の楽しさは、自由に自分を表現できる点にあると思います。なぜなら洒落着はあくまで自分が主役であり、「自分の個性を上手に引き出せるか」「自分自身が楽しめているか」という一人称の視点が最優先されるためです。一方、自由度が高いが故に、どうやって個性を表現するか、お洒落スパイスをピリッと効かせるテクニックに頭を悩ませる方も多いはず。
そこで今回の着物勉強会「きもの塾」では、
・「洒落帯」の種類と着用シーンに合わせた使い分けをおさらい
・「お洒落スパイス」をピリッと効かせるテクニック
・「自分が目指す洒落着スタイル(方向性)」を目で見て感覚で捉えよう
といった点を中心に、洒落着コーディネートを自分らしく素敵にまとめるための理論とテクニックを解説します。

▼開催日程

2018年10月21日(日)13時30分~15時30分
2018年10月22日(月)13時30分~15時30分
2018年10月24日(水)13時30分~15時30分
2018年10月27日(土)13時30分~15時30分
2018年10月30日(火)13時30分~15時30分
※どの日程に受講いただいても同じ内容です


■11月の勉強テーマと開催日

『文様を意識した着物コーディネート』
~海外から渡来後に和風化した文様グループ(有職文様・能装束系の文様)をどのようにコーディネートするか~


着物コーディネートにおいて(1)格合わせ⇒(2)色合わせの先にある「文様合わせ」を学ぶシリーズの第2弾。
着物や帯の多くには何かしらの文様や地紋が表現されています。
  1. 外国から渡来した文様
  2. 渡来後に和風化された文様
  3. 日本で生まれ育まれた文様
和装の文様として上記の通り3つの大分類がある中で、今回は(2)渡来後に和風化された文様の代表例である「有職文様」「能装束系の文様」に焦点を当てて勉強します。

文様一つひとつの意味を理解するというよりは、
  • 同じ文様グループがどのようなものか判別できる視点を学ぶこと
  • 文様の格式レベルや、文様を通じて表現できる意味を理解すること
  • 着物と帯をどのように組み合わせると素敵な装いに仕上がるか感覚的に学ぶこと
の3点を詳しく解説します。

ご自身が持っている着物や帯がどのような意味を持ちどのような場で映えるかを理解するのにも役立つ講義です。座学+教材研究で実践的な視点を持ちかえって頂ければと思っております。

▼開催日程

2018年11月18日(日) 13時30分~15時30分
2018年11月21日(水) 13時30分~15時30分
2018年11月23日(金祝)13時30分~15時30分
2018年11月24日(土) 13時30分~15時30分
2018年11月27日(火) 13時30分~15時30分
※どの日程に受講いただいても同じ内容です


■開催場所

奥沢東地区会館(奥沢駅より徒歩約3分)
http://blog.kirakusha.org/p/blog-page_1.html#access6

■定員

各回 20名程度
※事前予約制です。講座予約フォームよりお申込下さい。
※お申込多数の場合は定員+αで受け入れる場合がございますのでご了承ください。

■参加費

2,000円/回

■持ち物

筆記用具(鉛筆またはシャープペン)、カメラ(任意)
※教材への汚れ防止のため、ボールペンは不可とさせて頂きます

■参加方法

当サイトの講座予約フォームよりお申込ください。
かならず事前予約が必要です。


過去の勉強テーマ事例

■染織技法や図案、表現方法のお話

■TPOやコーディネートのお話

■その他 お手入れのお話や目利き術など




講師紹介

▽ 中川時次(なかがわときじ)




東京自由が丘の高級呉服卸業「銀座きものなかがわ有限会社」の代表を務めています。
京都に生まれ、西陣織職人の家に育ち、18歳より上京。以来、約40年間にわたり、高級呉服の世界に従事してきました。

高級呉服卸業としての専門的な目利き力と広範な知識・経験を文化活動として活かす目的で、2009年より着物勉強会「きもの塾」を月1回開催し、講師を務めています。染織技術の話からコーディネートまで、きものに関する幅広いテーマで深く楽しく学ぶ場となっています。
「良いものを見て・触れて・感じる経験の積み重ねが鋭い感性を磨いていく」という考えから、講座には実際に商品である高級反物や帯地を教材として積極的に用います。

料理(和食と中華が得意分野)とDIY、海外ドラマ鑑賞が趣味。日課は愛犬(柴犬)の散歩。




着物勉強会「きもの塾」の見どころ

【ポイント1】
「呉服のプロ」が講師を担当!生でリアルな情報が満載



講師は、自由が丘の高級呉服卸業「銀座きものなかがわ(有)」代表の中川時次先生。
高級呉服卸業として培った目利き力と広範な知識・経験をもとに、着物についての勉強会で講師を務めます。
産地の職人や産地問屋と直接取引を続けてきた経験から、現場の事情や作業工程についてもかなり詳しく、なかなか聞けない裏話や産地の実情についても聞くことができる機会となっています。
コーディネートについては都会らしく粋でスッキリ・小ぎれいなセンスに感度が高く、城南・山手エリアの感性で現代らしく素敵なコーディネート感覚をお伝えすることができます。


【ポイント2】
教材は高級反物!ホンモノをじっくり見て触って観察できる貴重な場



勉強会のテーマに合わせ、毎回、高級反物・帯地を実際に見て触れるのもポイント。
「興味があっても小売店ではいろいろ聞けない・・・」 という方も安心できる環境で、ゆっくり見て触って反物の魅力を感じることができる機会となっています。
織物組織を観察する専門的なルーペ等も使いながら織りで文様が描かれる仕組みを観察したり、複雑な織物組織の様子を覗いたりもします。

※一部の教室/学習会にあるような「勉強会」と称した販売会ではありませんのでご安心ください※


【ポイント3】
商品の品質や、自分に似合い好きなものを見極める「目利き力」を養えます



きもの塾では、以下の2点を目標に毎回テーマを設定しています。

★受講生の皆さんが着物や帯の品質や価値をある程度自力で判断できるようになること
★自分のTPO(よく着ていくシーン)に合っていて、自分に似合い、且つ自分が好きなものを的確に把握できるようになること

きもの塾を通じて<自力で品物を判断できる目>を養うことで、ご自身がお持ちの着物の価値を知り、またこれからの買い物にも助けになればと思っています。

〇 自分が持っている着物の価値が知りたい
〇 これから着物がほしいけど、どのようなものを求めたらよいのかわからない
〇 TPOに合った着物がほしいけれど自力では選べない

そんな悩みをお持ちの方も、ぜひ一度、試しにご参加ください。


ブログランキングに参加しています

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 和の暮らしへ 
2014 © Planer - Responsive Blogger Magazine Theme
Planer theme by Way2themes